30日間チャレンジ第2弾

目次
1.チャレンジ第2弾発表!
2.ルール設定
3.なぜ30日間チャレンジなのか?!

最後に、あなたの人生を変えるかもしれない動画を貼っています。ぜひ、最後までお付き合いください。

1.チャレンジ第2弾発表!

1日5pipsくらいで30日をいくらまで増えているか!?

第1弾では複利計算をして1日1pipsでもロットをぐいぐい上げていけばすごい利益になることに注目し、30日間(実際は28日間)チャレンジしてみました。しかし、1pips取るためにスプレッドも含めて5pips以上の損切りを設定しなければならず、当然、リスク・リワードの観点からもとても不利でした。

不利を補うためには、1pips利幅ができたら直ちに利確して損切りにならないよう努めるのですが、一旦負けを喰らうとその分を取り戻すためにホールドして利幅を伸ばさないと最終的にプラスになりません。

最初からわかりきっていることですが、実際にやってみて気づくこともいくつかありました。このチャレンジを通して得たことをまとめます。

  1. エントリーポイントの精度が向上した
  2. ロットをあげた取引に慣れた
  3. ハイレバ(500倍)に慣れた

1. エントリーポイントの精度が向上した

実際、28日間で4回のノートレード日がありましたので、24回トレードしたことになります。そのうち負けて損切りにかかったのは3回です。勝率は0.875と非常に高くなりました。さらに15分足を今まで以上に有効に使うことができるようになったと思います。当初、1分足をひたすら見つめてエントリーを考えていましたが、1時間足の方向に逆らわないようにしつつ、15分足で徐々にタイミングを合わせて、1分足でエントリーをする流れが身につきました。結果、8割以上の勝率に到達したのです。

2. ロットをあげた取引に慣れた

これまでは国内口座で2〜3ロット(1ロット=10,000通貨)を25倍のレバレッジで取引していましたが、資金を倍にするためには気の遠くなるような時間がかかりそうです。セミリタイアする頃には本当に定年をむかえるかもしれません。

今回使用はXMTradingの口座を利用しました。開始当初は5,000円入金すると100%ボーナスによって、10,000円分の取引ができます。それに対して888倍のレバレッジをかけて0.7ロット(1ロット=100,000通貨)からスタートしたのですぐに口座は0円になりました。その後、ロットを0.4まで落とし、レバレッジも500倍に落ち着けました。12日目にロットが1.0まで上がってきたところで損切りができなくなり2度目の大負けをしました。追加で10,000円投入したのですが、XMPという取引実績に応じたポイントがつくので実際の資金よりも多少大きな取引ができるのもXMTradingの魅力であることを知りました。

国内口座で4ロット(XMの場合0.4ロット)のトレードをするときは、ちょっと高い平均台の上を渡っている感覚で、エントリーも利確も思うようにできませんでした。しかし、このチャレンジをした後、エントリーした後も平常心を保ったまま高額トレードできるようになりました。XMの入金額にたいして100%のボーナスがつくサービスは私のようなビギナーにとってありがたいものです。ビギナーが即退場になりにくいシステムが整えられていると感じます。簡単に言うと、50,000円入金すると100,000円分の証拠金があるようなトレードができます。仮に100,000円の損失が出たとしても、自分が実際に失うのは入金した50,000円のみです。

まだXMTradingの口座を開設していない人は以下からどうぞ。

3. ハイレバ(500倍)に慣れた

レバレッジ25倍だと10,000通貨のトレードをするために約45,000円の資金が必要です。しかし、トレードできるとは1ロットですから、200pips獲得できても20,000円にしかなりません。1ヶ月プラス200pipsで終われるスキルがあれば、トレードで食べていけるようになるのではないでしょうか。当然、初心者が出せる数字ではないですね。

45,000円の資金があれば、500倍のレバレッジをかけると約20ロットでポジションを持つことができます。1pipsで2,000円になりますので、10pipsで20,000円は達成できます。

資金に対して最大ロット数で挑むと損切り1回で資金が底尽きる何てこともあるので、何枚もつかは損切りをどの程度許容するかと合わせて設定するのが良さそうです。

そのことを踏まえて新しい30日間チャレンジのルールを設定しました。

2.ルール設定

  1. 基本的に1時間足のトレンドに対して順張り
  2. 1日1〜2トレードで5〜10pips程度
  3. 伸ばせるときは伸ばす
  4. 0.6ロットからスタートして毎週0.1ロットずつ増やす
  5. アメリカの重要指標の前にポジションを解消

30日間のシミレーションは以下の通り

PIPS

Lot 損益 資金

損切り資金割合

Day1 5 0.6 ¥3,000 ¥30,000 10%
Day2 5 0.6 ¥3,000 ¥33,000 9%
Day3 5 0.6 ¥3,000 ¥36,000 8%
Day4 5 0.6 ¥3,000 ¥39,000 8%
Day5 5 0.6 ¥3,000 ¥42,000 7%
Day6 5 0.7 ¥3,500 ¥45,000 8%
Day7 5 0.7 ¥3,500 ¥48,500 7%
Day8 5 0.7 ¥3,500 ¥52,000 7%
Day9 5 0.7 ¥3,500 ¥55,500 6%
Day10 5 0.7 ¥3,500 ¥59,000 6%
Day11 5 0.8 ¥4,000 ¥62,500 6%
Day12 5 0.8 ¥4,000 ¥66,500 6%
Day13 5 0.8 ¥4,000 ¥70,500 6%
Day14 5 0.8 ¥4,000 ¥74,500 5%
Day15 5 0.8 ¥4,000 ¥78,500 5%
Day16 5 0.9 ¥4,500 ¥82,500 5%
Day17 5 0.9 ¥4,500 ¥87,000 5%
Day18 5 0.9 ¥4,500 ¥91,500 5%
Day19 5 0.9 ¥4,500 ¥96,000 5%
Day20 5 0.9 ¥4,500 ¥100,500 4%
Day21 5 1.0 ¥5,000 ¥105,000 5%
Day22 5 1.0 ¥5,000 ¥110,000 5%
Day23 5 1.0 ¥5,000 ¥115,000 4%
Day24 5 1.0 ¥5,000 ¥120,000 4%
Day25 5 1.0 ¥5,000 ¥125,000 4%
Day26 5 1.1 ¥5,500 ¥130,000 4%
Day27 5 1.1 ¥5,500 ¥135,500 4%
Day28 5 1.1 ¥5,500 ¥141,000 4%
Day29 5 1.1 ¥5,500 ¥146,500 4%
Day30 5 1.1 ¥5,500 ¥152,000 4%

この表を見てみると、20日後には資金に対して4%程度まで損失の割合を軽減できます。確実に資金を増やすためにやみくもにエントリーするよりも、このようなシミレーションを持って入ることで、利確するのが遅れたり、損切りをビビってしまうことを減らすことができるかもしれません。

3.なぜ30日間チャレンジなのか?!

このように新しい感覚を身についけるために自分が根拠にしている動画を紹介します。

字幕が必要な方は、YouTubeの設定で「字幕」を使ってください。

どんなに下手くそでもいいので30日くらいチャレンジしてみることで、自信が持てるようになるかもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中