30日間チャレンジ第1弾 1日1pipsで1万円を10倍にする方法 No.20

目次
1.YOLOおやじ流相場環境
2.結果発表
 3.トレーディングルールの見直し

1.YOLOおやじ流相場環境

今日は勤務中にドル円が大きく動いてしまい、帰宅したらそろそろレンジに入るかといった頃合い。んー、悩ましいこと、悩ましいこと。

ちょっと手出ししにくい環境です。

もちろん下目線ですが、逆張りもありかな。

いや、1時間足のトレンド方向に乗って行きましょう。

こんな葛藤を繰り返しながらチャートを眺めています。

連休明けの今日、疲れているので「休むも相場」かな?

スクリーンショット 2018-02-13 21.39.51

2月13日(火)21:40のチャートです。

赤い枠を抜けてからエントリーかなと思っています。

ただ下落の幅が大きいので、抜けるのは夜中かな?

1pipsねらいなので、レンジの中で入ってみようかな?

そんな気持ちで揺れています。

2.結果発表

今日は、寝ましょう!

おやすみなさい!

休むも相場!

と思ったのですが、直後にレンジのてっぺんまできたので少し粘ってみました。

ちょうど20日目になりました。

今日は冷静にロット数も確認しエントリー。

スクリーンショット 2018-02-13 22.35.18

画面は1分足です。

少し早いエントリーだと思います。

赤丸から青丸までの18分間です。

一旦上に行くことは織り込み済みで、損切りの直近の高値更新を条件に構えていました。

やはり天井にツーバウンドしてからねらえるといいのですが、すっと下がったらチャンスを逃すという気持ちのコントロールが課題です。

この後は、反発しそうなところが満載なのですっと伸びたところで利確。

1pips確定直後に下圧力が強くなったので少し様子をみてみました。

3.トレーディングルールの見直し

  • 資本金10,000円→15,000円
  • 1分足で1pips以上(最大5pipsで強制利確)の値幅が確定したら利確
  • 損切りは、5pips+スプレッド、または直近の高安を更新
  • エントリーは、1時間足のトレンドをフォロー
  • エントリーは、1分足でブレイクアウトまたは押し目、戻り売り。とボリンジャーバンド2または3σからの押し目買い、戻り売り
  • 1時間足以上で値幅が少ないレンジは見送り
  • アメリカの重要指標前にポジション解消
  • 毎回最大ロット数目を馴らすためにじわじわとロットをあげていく
  • キャンペーンを利用
  • 勝っても負けても1日1エントリー

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中